2017-10

香川丸亀国際ハーフマラソン2014の旅(3) - 2014.02.13 Thu

いよいよ、香川丸亀ハーフマラソンの当日!
観光でパンパンになった両足に16枚のサロンパスを貼って、昨晩は眠った。果たして完走できるのだろうか?!

2014年2月2日(日曜日)

【 走るには朝ご飯が大事! 】

朝8:00の高松は気温は9.1℃、風速0.7m/s。
2月とは思えない暖かい日になりそう。

目覚めに明太子のおにぎりを1つ食べて、高松のホテルを出発し、高松駅の近くにあった讃岐うどん屋さんへ。やっぱり寒くない。
 
kmkh14_34



釜玉うどんと、ちくわの天ぷら。
天ぷらは揚げ立てじゃないから、冷たい。熱い汁のあるうどんにすれば良かったなぁ。

kmkh14_35



【 さて、並ぶ場所はどこ? 】
 
高松から電車とシャトルバスを乗り継ぎ、丸亀競技場に到着。
荷物を預ける場所は、なんと観客席。
スタンド3階席に見えるのは白い服の観客ではなくて、白い袋に入った荷物。

kmkh14_36

グランドに降り立ってどこに並べば良いのか、辺りを見回したら、スタンドに「1時間30分〜2時間」「2時間〜2時間30分」という具合に30分刻みで看板が時間が書いてある。
「自分が完走できるタイムの所に並べ」ということらしい。

ナンバーカードにブロック分けのアルファベットが書いて無いなぁと思ってたんだけどさ。
スタート直前でテンション上がって、速いタイムで自己申告するヤツ、絶対出てくるって!(笑)

【 ふわっとしてるのは土地柄? 】

「2時間〜2時間30分」と書いてある辺りに並んでみる。
係員の誘導で移動するんだけど、グランドもロープでキッチリ区切ってあるワケじゃないから、移動しながら列が乱れる。ゆるい雰囲気(笑)
周りを見るとみんなニコニコしてるし、気にしてないっぽい。たぶん。(笑)
わたしもニコニコして気にせず移動。(笑)
記録を狙っているようなランナーがたくさん居るブロックだと、もっとピリピリしてるのかなぁ?
それとも、ふわっとしてるのは土地柄だったりするのかなぁ?

モニターを見て、無理し過ぎたらダメだと自分に言い聞かせる。
棄権をするのも、時には大切だよね。

kmkh14_37



【 開会セレモニーに女神降臨 】

小さくストレッチしたり、足首を回したりしながら並んでいると、開会セレモニーが始まったらしく、マイクを通した声が聞こえてくる。
わたしが並んでいる場所は、かなり後の方だから、声はするけど姿は見えず(笑)
姿も見えないし、セレモニーから取り残されてる感じはいつものことなので、油断してましたよ、完全に。

突然、元気いっぱいの声がした。

ランナーの皆さん!ゲンキですかー!?

突然のアントニオ猪木みたいな挨拶に、ランナー全員、ざわざわ。(笑)

kmkh14_38



kmkh14_39

歓声と拍手が沸き起こる。

この大会が初めてのハーフマラソンだっていう人、

手を挙げてくださーい!


と有森裕子さん。
お〜、結構手が挙がったぞ〜。周り、初心者ばっかりだ〜。
 
初めてのランナーさん、安心してください。

たとえ、どんな結果に終わろうとも、自己ベストが出ますから!


おぉ〜!(ランナー全員・爆笑!)

そうこうしているうちにスタートの時間になった。
わたしが並んでいるのは、かなり後の方なので、号砲が鳴っても全く動かない。
有森裕子さんはスタートゲートの近くにいるらしく、姿は見えないけれど、ランナーを見送っている声がする。

がんばって!がんばって!がんばって!がんばって!

(※もしかしたらセリフは違っているかも)

一人一人に声をかけてるのかな?

ものスゴい早口で連呼!!

kmkh14_40



そして、連呼からの…!

kmkh14_41

ランナー全員、戸惑いと爆笑!

叫んだかと思うと、また連呼!

kmkh14_40



そして、連呼からの…!

kmkh14_42

ランナー全員、爆笑!

有森裕子さんは、スタートして行くランナーひとりひとりに、猛烈な速さで「がんばって!」を連呼しエールを送り続けてる。時々「フォォーー!」も入れながら。(笑)
ランナー達は皆、有森裕子さんのエネルギーに圧倒された。

延々とエールを送り続ける有森裕子さんがポロッとひと言、 

あれっ? 1万人、多いな…(笑)

有森裕子さんの意外にもかなり陽気なキャラクターだと知って、わたしのテンションはかなり上がった。
村上春樹氏の[シドニー!]という本の冒頭に、有森裕子選手がマラソンを走った時のことを一人称で書いた短い作品がある。
マラソンやランニングを描いた作品で一番良いんじゃないかと思う位に、わたしは気に入っている作品なんだけど、この機会にまた読み返そうと思った(笑)

あ、そうだった、もう、この段階で既にかなり満足しちゃったんだけど、まだ、スタートゲートを越えてなかったわ(笑)
 
【 遥かなるスタートゲート 】
 
しばらく全く動かないままだったわたしの周辺も、やっとスタートゲートに向けて動き出した。
しかし、遅い! 牛歩もはなはだしい。

kmkh14_43



のろのろと大分歩いたけど、あれは、スタートゲートなんだろうか?

kmkh14_44



拡大してみたら、やはりスタートゲートだ!
しかし依然、のろのろ歩き。全然スタートできない。
今まで参加したマラソン大会で、これほど遅いのろのろ歩きだったことはないな。
普通に歩くことすらできない。

kmkh14_45



午前11時。
スタートの号砲が鳴ってから10分後、やっと、スタートゲートを越えた。
そして、越えたのに、2〜3歩で、またストップ。マジか…。

気温は11.8℃、風速2.0m/s。
あたたかい。
ウィンドブレーカー、必要なかったなぁ。

脱いだウィンドブレーカーを腰に巻く。
歩いていると、徐々に渋滞が解消されて、ゆっくり走れるようになった。

【 世界新記録も出たコース 】

香川丸亀国際ハーフマラソンのコースは、世界新記録も出た「超高速コース」。
丸亀競技場をスタートして、10.5km走ったら折り返して、競技場に戻ってくる。
海の近くの平坦なコースだから、記録が出しやすいらしい。

せっかく丸亀城があるのに、1〜2ブロック離れている道を通るので、お堀や城壁、天守閣が見えるワケでもなく、観光地を巡りながら走るという目にも楽しいコース作りには、なっていないのが残念だなぁ。

kmkh14_map1.jpg



平坦なコースだけど、橋はいくつかあって、スタート直後にある大きな陸橋(丸亀バイパス)は、結構なアップダウンだった。高低図を見ると、帰路はゴール直前に緩やかな長い上りになっているだけなので、その大きな陸橋は渡らずに、別ルートで競技場に向かっている。

kmkh14_map2.jpg



【 調子はどうだ? 】

わたしの調子と言えば…。
この大会の数日前のこと、自転車で都内の坂の多い場所を4時間位走り回ったら膝を痛めるという、まさかの事態。
今まで自転車で膝をやらかしたことが無かったので、油断してた。
歩くだけでも左膝が痛んだ。
でも、スグにアイシングと湿布(ちょっと高価なヤツ)をしたら違和感は残ったものの、東京を出発する日には痛みは無くなった。

で、喉元過ぎれば、なんとやら。
昨日、観光したこんぴらさんの石段!(↓写真参照)

kmkh14_t_06

あとちょっと、あとちょっと、と言いながら、旅に来たテンションで785段全部上りきってしまった!
■ 香川丸亀国際ハーフマラソンの旅(2)(←詳しくはこちらをクリック)

その時点で、足の筋肉、パンパン!左膝もジワジワと痛み出した。
言わんこっちゃない!!
ホテルにチェックインして、あわててアイシングとサロンパス16枚!
そんなわけで、まだハーフマラソンを走る前から、足にサロンパスを貼りまくり。
何してるんだか…。
 
【 やっと2km地点 】
 
大会の朝には、筋肉痛はおさまり、問題の左膝も痛みが引いた。いいぞ!
でも、もしかしたらハーフマラソンを走っていたら、また痛み出すかもしれない。
膝が痛み出してから湿布(ちょっと高価なヤツ)を貼るよりも、痛む前から貼っておけばいいんじゃないか?と思いついて、スタート前から湿布を貼っておいた。

スタート直後にあった大きな陸橋(丸亀バイパス)も、調子に乗って膝を痛めないように大事に走った。こんなところで早々に痛めたら完走できない。

2kmの表示が見えてきた。
だいぶ走った感じがしたのに、まだ2km?!
暑い。
走りながら薄手のパーカーを脱いでTシャツになる。

kmkh14_46



【 ダンゴの無限ループ 】

ランナーがダンゴ状態になっていて走りづらい。
普段でもパーソナルスペースが充分無いと居心地が悪いわたしは、ダンゴの中から抜け出したくて少しだけペースを上げる。
何人も抜いて、空いたスペースに辿り着く。
やっと快適な場所で走れるなぁと思った頃には、ペースを上げたせいで息が上がってしまい、ペースダウン。
結局、ダンゴに吸収される。

無駄な抵抗。
こんな事をしていたら消耗してしまう。
もう、あきらめてゆっくりペースで走ったほうがいい。
そう思って、しばらくダンゴの中で走る。
 
あ〜!やっぱり居心地悪っ!

で、ペースを上げる → なんとか快適なスペースに辿り着く → 息が上がる → 失速 → 案の定、ダンゴに吸収される。
それを、バカみたいに何度も繰り返す。

あ〜!もっと走力が欲しいっ!

来シーズンに向けてもっとトレーニングしようと、誓う。

【 膝の不安感よりも… 】

今シーズンはトレーニングを開始してから、ずっとそうなんだけど、走っていてもあんまり調子が出なかった。
なんか、ランのスイッチが入りきらないというか…。
走っていれば、そのうち、スイッチが「カチッ!」と入るだろうと思っていたけど、結局、自分のペースがつかめないまま、大会になっちゃった。

【 美人ランナー探し 】

調子が出ないまま走っているから、楽しさがイマイチ。
ペースを上げたり失速したりの繰り返しで、だんだん気分が滅入ってきたし、ここはひとつ気晴らしに美人ランナーでも探そう!(笑)

あ〜、あのふたり、きっと可愛いに違いない!

kmkh14_47



仮装ランナーはスゴいよね。
今日なんか、めちゃ暑いよね。
目を楽しませてくれて、ありがとぅっ!

kmkh14_48



うーん、まだ7kmか。

kmkh14_49



あ〜、きっと可愛いに違いない!

kmkh14_50



あ〜、きっと可愛いに…!?
ん?!おっちゃんだ!!(笑)
金髪の三つ編みはストッキングでできてるっぽい。
やるなぁ〜!(笑)

kmkh14_52



【 折り返しで友達発見! 】

一緒に参加した友達は、わたしがペースを上げたり失速したりの繰り返しをしている間に先に行ってしまったと思っていたのだけれど、わたしの後方を走っていたらしく、コースを折り返して少しして、すれ違った。
「ヤバい!ヤバい!制限時間のペースメーカーに抜かれて、あわてて抜き返した!」
と、笑って走り去っていった。

ん〜、大丈夫かなぁ?
手を振って彼女の背中を見送ったけど、人の心配する前に、わたしの喉、カラカラ過ぎて「がんばってー!」の声が出てないじゃん!
大丈夫かな?は、こっちの方だな(笑)

この頃の気温は13.1℃、風速1.7m/s。
給水所はまだか?

【ランナーのダイヤモンド 】

折り返して少し走ると、アップダウンの繰り返しが始まる。
調子がつかめないし、暑いし、喉カラカラだし、「速く走りたい」じゃなくて「早く走り終わりたい」っていう気分になってくる。

ちょうど、そんなネガティブな気分になっていた時だった。
沿道でお盆を持った男性が笑顔で「どうぞ!」とランナーに氷砂糖を勧めていた。

わぁ!氷砂糖ぉ!!!(目キラキラ☆)

この時の氷砂糖は、ダイヤモンドくらい輝いて見えた。
お礼を言って走り出し、氷砂糖を口に放り込むと、魔法じゃないの?っていうくらいネガティブ思考が吹っ飛んで、パワーが充電された!

おぉ〜!走れるぅーー!

【 笑顔でラン 】

氷砂糖のパワーで、急に軽快に走れるようになった。
超〜感謝ー!ホント、ありがとう!!

そして、急に思い出した。
いつもマラソン大会では笑顔で走ってたんだ!

そーだ、そーだ!笑顔だ!
 
ただ黙々と走る、っていうのをやめて、笑顔で走ると沿道の人達が声をかけてくれたり、手を振ってくれるようになった。
いままで、どんだけ、しかめっ面して走ってたんだ?ってことだよね(笑)
走るのが楽しくなった。
楽しいし、軽快に走れてる。軽快に?!

あれ? 今シーズン、ずーっと入らなかったスイッチが、今やっと入った!?

【 さすが香川はうどん県 】

うどん屋さんの前を通りかかると、行列に並びながら、みんなハーフマラソンを見ている。
時々、ランナーにエールを送ったりしてる。
こういう光景に出会うのは香川県ならでわだね。いいわ〜、こーゆーの。

kmkh14_53



【 復路は応援団がいっぱい 】
 
走っていると、ブラスバンドが聞こえてきた。
沿道の応援が良い刺激になって元気になる。

kmkh14_54



あ〜!王将の餃子、食べたいっ!!
ハーフマラソンって給食ないんだっけ?

kmkh14_55



なんか民族衣装みたいなのを着た応援団。
どこの民族衣装なんだろう?
みんなハイタッチしながら走り抜けていくので、わたしも(笑)

kmkh14_56



和太鼓の応援団。カッコイイ!
日本の伝統文化のものって、こちらも背筋が伸びて気合いが入るね。

kmkh14_57



【 氷砂糖LOVE! 】

口の中の氷砂糖が終わってしまったけど、ウエストポーチにコーヒーミルクキャンディを入れていた事を思い出し、口に放り込む。
悪くないけど、やっぱり、氷砂糖の方がいいな。
氷砂糖の方がサッパリしていて、しかもパワーがある感じ。
今度から、マラソン大会にはウエストポーチに氷砂糖を入れておこう。

笑顔で走ったら、あっという間に18kmまで来た!

kmkh14_58



【 あと1km!気合いを入れ直す 】

歩くランナーが徐々に増えてきた。
もし、さっきスイッチが入らなかったら、わたしも歩いていたかも。

わたしは順調に走って行く。
あと1kmという表示が見えた。
ここまで、左膝は痛まずに来れた!
全身、痛い所はない。

よっしゃー!ラストスパートだー!

あと1kmだもん。ここまで来れば、もう、はしゃいだって大丈夫でしょ!

最後の1kmはスピードを上げて、快調に走った。
歩いているランナーも、走っているランナーも、グングン抜いて。

丸亀競技場に入った。
競技場をゴールにしているマラソン大会で、初めて競技場に辿り着いた!(笑)
フィニッシュラインに向かってトラックを走るのって、こんな感じなんだ〜!(感動)

kmkh14_59



フィニッシュラインを越えるときは、決まって両手を上げてグリコのポーズ。
あんまりやっている人はいないけど、わたしは必ずやる事にしてる(笑)

やったー!完走したー!
タイムは自己記録を2分更新!(2分か、微妙っ〜!)
なによりも嬉しいのは、今シーズン、ずーっと入らなかったスイッチが、やっと入ったこと!
なんか走る調子をつかめた気がする!!

kmkh14_60



【 ゴールの後に貰ったもの 】

可愛いボーイスカウトの子たちが完走ランナーに水を配ってた。
スポーツドリンクじゃないのね…(苦笑)
そういえば、給食出なかったなぁ。

kmkh14_61



参加賞のTシャツ。
[1:07 26]って書いてあるのは、2006年2月6日に香川丸亀国際ハーフマラソンで福士加代子選手が出したタイムで、「アジア新記録、日本新記録、途中15kmの46分55秒は世界新記録」だそうですよ。
香川丸亀国際ハーフマラソンのホームページで「世界新記録も出た超高速コース」って言ってるのは、この記録のことなのね。

kmkh14_66



【 走った後は屋台へ 】

屋台がたくさん出てたよ。

kmkh14_62



人気の屋台は長蛇の列。
もちろん有料。
並ぶのが億劫で断念したけど、讃岐うどん食べたかったなぁ。

kmkh14_64



丸亀名物の骨付き鶏と、とっと焼うどんは、すでに完売。

kmkh14_65



気温は15.2℃、風速2.6m/s。
2月初旬とは思えない暑さだった。
ホテルに戻って鏡を見たら、日焼けして顔が赤くなっていた。
一緒に参加した友達は途中でリタイアしたらしい。
 
今年はもうちょっと走力をあげるような練習してみようかなぁ。
ダンゴから抜け出したいもんなぁ。
出場予定の大会はもうないんだけど、なんかやる気出ちゃったなぁ〜(笑)



つづく!
次回は香川グルメと鬼が島


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

● COMMENT ●

面白いレポでした(笑)
かわいいに違いないおっちゃん、うけた~(>_<)
Tシャツもかっこいいね!

有森さんの吹き出しがウケた~
それにしても、目をつけるところが斬新だ
来年は青梅にエントリーを
腐るほど(腐らないけど)氷砂糖エイドがあるから
もらいすぎて口の中がハムスター状態になった人(笑)

v-22レイさん、こんばんわ♪
あのおっちゃん、ナイスですよね〜(笑)
ストッキングって編むと金髪の三つ編みに見えるんだ〜って、発見でした。
何気に、おっちゃんのウエアセンス、女子力高いですよね。
もう少し痩せたら、あのおっちゃん位、可愛いウエアでマラソン大会に出ようかなぁ〜と刺激されました(笑)
Tシャツの丸と六角形は金と銀でプリントされてて、ちょっとゴージャス感あります。

v-22ホシヲさん、こんばんわ♪
有森裕子さんの「フォォーー!」聞かせたかったです。
あの写真の吹き出しが決して大袈裟な表現じゃないってわかりますから(笑)
あんなに陽気な方だって知らなかったから、テンション高くてびっくりしたんですよ〜(笑)

氷砂糖でハムスター状態のホシヲさんを想像すると可愛いです!(笑)
そんなに頬張ったらパワーMAXになりますね〜(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyomarathon2010.blog74.fc2.com/tb.php/351-ca5daa01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

香川丸亀国際ハーフマラソン2014の旅(4) «  | BLOG TOP |  » 香川丸亀国際ハーフマラソン2014の旅(2)

プロフィール

COHARU

Author:COHARU
拠点 : 東京 ( 都庁周辺 )
世代 : ドリフ世代
運動 : ダウンヒル(自転車)、スノーボード、マラソン

1年7ヵ月ぶりにランニングを再開しました!初心にかえって再スタートです。(2017.9.10)

運動会が憂鬱でお腹ピーピーだった小学生が、大人になってフルマラソンに挑戦!
体力なし。根性なし。おまけにちょっと頑張るとスグに発熱。そんなわたしが東京マラソン2010の10kmコース出場。これがきっかけで走る楽しさを知り、ついに2012年、悲願のフルマラソン完走を果たしました!
夢は、いつか仮装で走れるタフなランナーになること。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

01.ごあいさつ (1)
02.そもそもの発端は…。 (1)
03.東京マラソン2010に挑戦/ウォーキング期 (4)
04.東京マラソン2010に挑戦/少しだけジョグ期 (18)
05.東京マラソン2010に挑戦/40分走行達成期 (5)
06.東京マラソン2010に挑戦/60分走行達成期 (5)
07.東京マラソン2010に挑戦/80分走行達成期 (5)
08.東京マラソン2010に挑戦/90分走行達成期 (9)
09.東京マラソン2010に挑戦/120分走行達成期 (4)
10.東京マラソン2010に挑戦/20km達成期 (6)
11.東京マラソン2010に挑戦/10km完走 (3)
12.日々のトレーニング・ラン (180)
13.トレイルラン (4)
14.旅ラン (6)
15.ウォーキング (35)
16.マウンテンバイク (18)
17.ラン・オフ (23)
18.初ハーフマラソンへの道 (51)
19.手賀沼エコマラソン2010(初ハーフ挑戦) (2)
20.奈良マラソン2010(初フル挑戦) (6)
21.京都マラソン2012 (12)
22.第51回「新春」喜多(北)マラソン2013 (2)
23.名古屋ウィメンズマラソン2013 (5)
24.第68回香川丸亀国際ハーフマラソン2014 (5)
25.第69回香川丸亀国際ハーフマラソン2015 (4)
26.Do Not Start (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

RSSリンクの表示