FC2ブログ

2012-03

京都マラソン2012 フルマラソン初完走できるか?(2) - 2012.03.15 Thu

【フルマラソン2度目の挑戦】
フルマラソンに初挑戦した時は、途中で収容バスにドナドナされる結末を迎えたんだ~。(苦笑)
それは奈良マラソン2010のことでした。無念。
フルマラソンに2度目の挑戦となる京都マラソン2012。
はたして、フルマラソンを初完走する事が出来るのだろうか?
制限時間は6時間!

【スタート:京都市西京極総合運動公園 / 気温5℃位・晴れ
スタートを待つ順番は自己申告のタイムが速い順にA~K( Iは1と混同するから無い)の10ブロックに分かれて並んでる。わたしはHブロック。後ろにはJとKブロックしかありません。
 
まずは車いす競技が8:25にスタート。
しばらくして、8:30にマラソンもスタートしたっぽいんだけど、なにぶん私たちのブロックは別の補助競技場に並んでいるので、先頭のAブロックがいる陸上競技場で何が起こっているかサッパリわからない。(笑)
スタッフに誘導されて集団がゆっくり前へ動き出すから「きっとスタートしたんだなぁ。そろそろ時間だしなぁ」っていうぐらいの呑気な雰囲気。スタート地点に移動しながら、トイレが近づいてくると駆け込む男性ランナー多数。

ぞろぞろと、本丸である陸上競技場内に入った。
観客やスタート地点が見えて来ると周りのテンションが一気に上がる。
早く走らせろ!と言わんばかりに足踏みを始める。
そして興奮のあまり、みんなスタート地点の500m位前から走り出す。

早いよ。落ち着こうよぉ。
少しでも体力を温存したい私は、その中をスタート地点まで歩く。

スタート地点を越えた。
ガーミンの代わりにiPhoneアプリ(Run Keepeer)を起動。
号砲が鳴ってからスタート地点を越えるまで8分掛かった。
 
スタート地点を越えると、周囲のランナーは興奮していてめちゃめちゃ速い!
私達のブロックはそんなに速いランナーはいないハズだよ。
私の予定では最初の4.5km地点(給水所)までは、8分/kmペースで行くつもりだっただから、スピードを落とす。
後ろからランナーにグングン抜かされる。
周囲のランナーのナンバーカードがHからあっという間にJになった。
レース後にiPhoneアプリ(Run Keepeer)を確認したら、私はそれでも7分/kmペースだった。周囲の速度は相当出ていたと思う。たぶん5分/km位のペース。

【コースの印象】
さて、ここで京都マラソン2012がどんなコースなのか説明を致しましょう。
ひと言でいうと京都マラソン2012のコースはアップダウンが多い。

これがコースの高低差図。
真ん中に、スゴいのがあるんですけど…、な、なんすかコレ、なんすかっー??(崩壊)
3011_19


アップダウンと言うと、登りもあれば下りもあるんだから「苦あれば楽ありのコース」。
なーんて言うのは、そこそこ走力とスタミナのあるランナーの言う事。
私の様なヘタレ・ランナーにとっては、下り坂なんていうのは次にくる登り坂の恐怖を増長させる為の仕掛けでしか無く、アップダウンなんてゆーのは「全部登り坂」以外のナニモノでもないのだ!

つまり、こーゆーこと。
この図の様に、賀茂川沿い以外は楽できると思うなよ!ってこと。
ほぼ全部、登り坂じゃ~!!
3011_18


丸で囲った「魔のゾーン」には例の高低差図のスゴいヤツが待ち構えてる。
喰われるぞぉ~!(悲鳴)
実は「魔のゾーン」には、それだけじゃなかったんだ。

【~5km地点:次々とアクシデント発生 】
道路が狭い。
スタート直後なので人がバラけていないから、もう、ランナーがギッシリ。
例えて言うなら、朝の通勤時間帯の新宿地下道みたいな感じ。大量の人間が同じ方向に流れていく。
 
周りのランナーはスゴい勢いで追い抜いていく。
もう一番後ろになっちゃうんじゃないかというくらい、大量に抜かされた。
君たちについていくのは無理だってば。わたしは、ただでさえスロー・スターターなんだから。
それでも、私のペースは予定の8分/kmペースよりはきっと速い。
ガーミンを持っていないから、体感でしかスピードはわからないけど。
レース後に確認したら6分42秒/kmペースだった。やっぱりな。

突然、前の方のランナーが止まった。
流れていた新宿地下道が一変、満員電車状態。
大量の人間が狭い道で完全停止だ。
んー?なんだ、なんだ?

「道が狭くてついに詰まったか?」
「給水で渋滞?」「マジで?給水の度に渋滞じゃヤバくね?」
いろんな憶測の声が飛び交ったけど、理由がわからないまま、全員立ち尽くす。
こういう時、大声で文句を言う者などはいない。ランナーさん達は静かだ。

そして、急に動き出す。
結局、5分間も停止していたことになる。なんだったんだ?
遠くで女性スタッフさんの声がする。
「緊急車両通過の為に停止していましたが、解除されました!」的なことを叫んでる。
自己記録更新を目指して走っているランナーには、このストップはキツかっただろう。
でも、わたしは「別にいいですよ~。そっちが大変なんだったら~」って感じで全然気にしてなかった。

走り出して、少し行くと桂川沿いに出た。
そして最初の給水所!

大勢が給水所に一気に殺到する。
テーブルの上にはドリンクが無い!
スタッフの女の子達が必死に紙コップを並べているけど、スポーツドリンクの補充が全然追いつかない。
先のテーブルへ誘導するスタッフが居ないので、最初のテーブルに人が次々と群がって増える一方。
 
奈良マラソン2010でも最初の給水ポイントは、バタバタだったなぁ。
ココは他の給水ポイントの1.5~2倍くらいのスタンバイをしないと追いつかないんだと思う。
そう思うと、36000人ものランナーが走る東京マラソンの最初の給水ポイントでは巧くいってたな。感心するわ~。
やっとの事でヴァーム・ドリンクをゲットして先に進む。

【~10km地点:コーチと呼ばせていただきます!】
桂川沿いを走る。
ドリンク争いで殺伐とした気持ちを桂川の風景が癒してくれた。
なんだかとっても京都っぽい風景だわぁ~。
遠くに見えるのは嵐山の渡月橋だ~♪
3011_04


渡月橋の手前を右折して桂川沿いを離れると、いよいよ本格的にアップダウンが始まる。

この辺りに来ても、相変わらず後ろからドンドン抜かされている。
道幅が狭いためにランナー同士のカラダが近過ぎる。
そのせいで男性ランナーなどは競争心に火がつくのか、見ていると所々でランナー同士の抜きつ抜かれつの小さな競走が起きている。
ところが、その中で周りのペースに流されずマイペースで走っているランナーさんを見つけた。
緑の帽子を被ったそのランナーさんは、ランニング・フォームが良かった。
男性としても背が高いほうなので、女性としても背が低めの私と近いペースで走っているのは、足の長さから考えても意図的にスピードを抑えてコントロールしているんだろうなと、思えた。

わたしはマイペースで走っているつもりでも、時々遅めのランナーさんを抜く為に加速したり、またゆるめたり、微妙に周囲の流れに影響されているのだけれど、この緑の帽子のランナーさんは、マシンのようにキッチリ同じペースをキープして走っている。
この人、きっとガーミンを持っているに違いない!!!

よし!このランナーさんについて行こう!
今から緑の帽子のランナーさんを師と仰ぎ、コーチと呼ばせていただきます!
コーチ!よろしくたのみます~!!!
などと、ココロの中で一人芝居に興じながら、黙々と坂道を登って行くのでありました。

【~15km地点:仁和寺の法師 / 気温6.8℃・晴れ
10km地点を通過したとき、正直「まだ10km?!」って思った。
既に20km走ったくらいの疲労感。
しかし、坂道は延々と続くのを知っている。わかってる。
マジか~。
これの4倍以上…とか、足がもつか…とか、体力の限界…とか、辞め…などと、うっかり考えそうになるのを全部打ち消す。
苦手な坂道を走り切るコツは、点のような「今」しか考えない事だって、トレーニングで赤坂御所の長い坂道を走ってわかったんだ。先のことは、先の地点で判断すれば良い。

坂道はクネクネと蛇行しながら続く。
コーナーを曲がると少し広くなった場所に仁和寺があった。
立派な山門の前の階段に、たくさんの人達が集まって大きな声でランナーに声援を送っているのが見えた。
わっ!スゴい!スゴく嬉しくなった。
3011_05


しかも、一般の方々だけでなく、お坊さんの姿がたくさんみえた。
手には筆で書かれたメッセージが。
3011_06

「東北 共に在り」
そして、お坊さん達が皆スゴくいい笑顔で迎えてくれた。
このメッセージと願いが被災地に届くと良いな。
3011_07


元気が出てきた~!
まだまだ、いける~!


ーつづくー
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

COHARU

Author:COHARU
拠点 : 東京 ( 都庁周辺 )
世代 : ドリフ世代
運動 : 自転車、スノーボード、マラソン

『毎日少なくとも20分走る』が今年の抱負。走ることを習慣づけたいな。
2018年元旦から久しぶりに、また走り出しました。

【そもそもの走るきっかけ】
小学生時代は運動会が憂鬱でお腹ピーピーだったのに、大人になってフルマラソンに挑戦!
体力なし。根性なし。おまけにちょっと頑張るとスグに発熱。そんなわたしが東京マラソン2010の10kmコース出場。これがきっかけで走る楽しさを知り、ついに2012年、フルマラソン完走を果たしました!

最新コメント

最新記事

カテゴリ

01.ごあいさつ (1)
02.そもそもの発端は…。 (1)
03.東京マラソン2010に挑戦/ウォーキング期 (4)
04.東京マラソン2010に挑戦/少しだけジョグ期 (18)
05.東京マラソン2010に挑戦/40分走行達成期 (5)
06.東京マラソン2010に挑戦/60分走行達成期 (5)
07.東京マラソン2010に挑戦/80分走行達成期 (5)
08.東京マラソン2010に挑戦/90分走行達成期 (9)
09.東京マラソン2010に挑戦/120分走行達成期 (4)
10.東京マラソン2010に挑戦/20km達成期 (6)
11.東京マラソン2010に挑戦/10km完走 (3)
12.日々のトレーニング・ラン (193)
13.トレイルラン (4)
14.旅ラン (6)
15.ウォーキング (35)
16.マウンテンバイク (18)
17.ラン・オフ (23)
18.初ハーフマラソンへの道 (51)
19.手賀沼エコマラソン2010(初ハーフ挑戦) (2)
20.奈良マラソン2010(初フル挑戦) (6)
21.京都マラソン2012 (12)
22.第51回「新春」喜多(北)マラソン2013 (2)
23.名古屋ウィメンズマラソン2013 (5)
24.第68回香川丸亀国際ハーフマラソン2014 (5)
25.第69回香川丸亀国際ハーフマラソン2015 (4)
26.Do Not Start (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

RSSリンクの表示